2017年10月22日

伊藤さんの里山 10月20日                             木谷

今年も恒例の 伊藤さんの里山で「キノコ鍋」と見学会が行われました。雨が心配されましたがほんの小雨、初めて参加の方もおられて楽しいひと時をすごしました。草刈りや道付け、たくさんのきのこなど 多くの準備をしてくださった伊藤さんに心から感謝いたします。

暖かい焚き火、焼き芋も作られておいしかった。普段できない焚き火に男性陣が大活躍?

彦一小屋は皆の憧れ、2羽のフクロウくんが守っていました。ここから見る風景は最高です。

小屋から下って行く道、春には薄紫のキクザキイチゲが咲き、秋はツルリンドウの美しい実が・・・

キノコを見つけましたがもう虫が食事中、残念。でもコクワは甘くて・・・たくさん食べました。素敵なデザートで皆にっこり、子供にかえります。伊藤さんご馳走さま、焚き火と鍋守りのFさんにお土産できました。

昨年植えたエンジュの木、だいぶ大きくなっていました。そこから見た紅葉の美しかったこと。じっと座っていつまでも見ていたい、自然はどうやってこの美しさを描くのか教えてください。

いよいよ鍋、あまりおいしそうで「チョットピンボケ」。 6種類のきのことかぼちゃ団子に鳥団子 具材は15種類くらい、こぶダシや手造り味噌でおいしいこと、おかわり自由です。持ち寄った漬物やブドウ、フロラタンや羊羹、煮豆に焼き芋まで・・・フルコースで500円、うれしいですね。

楽しい一日、春に花を見に伺います。本当にありがとうございました。 木谷

posted by 管理人 at 11:29| Comment(0) | 木谷

2017年10月09日

台風18号による大雨で氾濫した紋別川の現在の状況

9月18日に北海道胆振地方に上陸した台風18号の影響で、紋別川に架かる橋に大量の流木が押し寄せ、川をせき止めてしまい氾濫しました。ここで溢れた大量の土砂が市街地を襲いました。その橋付近の現在の様子を報告します。山側から市街地方向を見た道路と橋の全体の様子はこのようになっています。橋の欄干の左側の一部が見えています。橋の右側と手前の道路には川から引き上げられた流木が積まれていますが、これは流木のほんの一部です。

01大橋全体の様子1009_1

橋に近付いてみると川の側面と道路がえぐられています。川が見えていますが、氾濫した時はここに大量の流木が蓄積して橋よりも高くなり、川の水を溢れさせました。

02えぐり取られた川の側面と道路1009_1

下流側から見た様子です。まだ引き上げられたたくさんの流木が置かれたままです。川の中では浚渫(しゅんせつ)工事が行われていました。

03大橋下流側の様子1009_1

10月9日撮影(太箸)

posted by 管理人 at 17:09| Comment(0) | 太箸

2017年10月07日

アルトリ海岸清掃  10月6日                             木谷

img013

快晴、風もなく波もおだやか、今年も昨年大量のゴミを拾ったアルトリ海岸に集合。平日で参加者も少なく少し残念。シルバー人材センターの方と挨拶し、今年は分かれて行動する。アルトリ海岸の半分はFさんの日頃の努力できれいが維持されているので、残り半分をシルバーの方々にお願い。今回は上のマップの黒い部分、どうしても多くの人数と力がいる場所を・・・いつもどこを清掃しているかわからないので----地図で示してみました。

地図の下のイソキソ岬の岩場、ここは岩がごろごろ、ロープや網などが岩に絡まり引っ張ってもとれず、平均年齢60何歳の会員は平衡が取れず苦戦、けがをしないように出来ることだけ。砂に埋もれた大きな網はスコップで掘り起し、それでもだめな部分は切る、ハサミ、カマ、カッターなどで切りますが手が痛くなり苦戦。丈夫にできています。

上の写真の右奥でシルバーさんがゴミ拾い中、羊蹄山も雪化粧、有珠山もきれい・・・登山日和です

有珠海水浴場のアルトリ岬側、たくさんの浮、綱、ワイヤー、そして空き缶、ペットボトルなど。奥のテトラポットの中にゴミや浮が沢山、出すのに苦労したそうです。終わって帰る時、海岸は本当にきれいになっていましたがみなさん疲れてヨレヨレ、水分補給と休憩にアルトリハウスに一時帰ります。

おいしいお菓子と飲み物で少し元気をとりもどして、春にはたくさんの野草を見に行くポロノット岬の左岸、ポン澗の美しい入り江に。以前よりきれいになっていて・・・漁業の用品には手を付けず、ゴミと分かるものだけ拾う。この入り江がいつまでも美しくくあってほしいと願いながら、メマツヨイグサが沢山咲いていて、心和ませてくれます。

皆で清掃したアルトリの海岸、次世代に少しでも良い状態で残せたら、そしていつか、ここにに住んでいる方々と一緒にゴミ拾いが出来たらいいなと・・・願った半日でした。一人ではできないことも多くの人となら出来る、人間の力は素晴らしいです。

帰り道、仲間と笑い合って食べたお昼ご飯、本当においしかったです。

posted by 管理人 at 01:40| Comment(0) | 木谷

2017年09月20日

台風18号、川が大変でした。                             木谷

9月17日 夜から降り続いた雨と強い風は大変な被害をもたらしました。今日20日市役所の周辺を歩いているとあちらこちらで清掃が続いていました。テレビで伊達のニュースが流れたので、各地からお見舞いのメールや電話をいただき、古い友人とも何年振りかでお話が出来て・・ありがたかったです。18日に通った川の写真です。

上、紋別川、普段は穏やかな流れでサギやカモもあそんでいます。もうすぐ鮭が遡上してくると楽しみにしていましたが・・・18日朝 少し上流に住む近所の方が、もうすぐ氾濫しそうなので車を高台に避難したほうが良いと回って来てくれました。あわてて川を見てびっくり、車を置きに行っている間に避難準備、すぐ広報車が「避難してください」と回ってきましたのでカルチヤーに、その時水位は1ブロック残すだけになっていました。

車を避難した高台に行く時に通った気門別川は,橋すれすれに水が流れて怖い状態、下流で護岸が崩れ、人道橋が壊れたとテレビで見ました。護岸の桜の木は大丈夫でしょうか?避難したカルチャーセンターは大勢の人で一杯、車にいて道の駅にお昼と夜の食事の買い物に。しばらくして友人宅に避難させていただき、晴れてから夕食をいただいて帰路につきました。途中、アヤメ川が大変と聞いたので通ってみました。

春、花を見に歩くアヤメ川は完全に幅広の濁流に覆われ、水車も半分水没していました。近所は泥水で一杯、上流の橋の周りでは多くの人たちが泥水かきをしていました。家に着いて・・・無事でした。本当に安心しました。娘の用意した泥かき用品も物置行き。でも紋別川の上流の橋は、今も通行が出来無い状態が続いているそうです.

倒れないかといつも心配している20メートル以上のシロヤナギ、たくさんの大枝や葉を落としてがんばつて立っていました。倒れた花畑整理や大きな枝拾い、たくさんの仕事がありますが・・・水が溢れて水浸しになったことを思えば苦になりません。稲も野菜も果物も被害が少ないことを願います。これからも天災は来ると覚悟して、横を流れる川と付き合って?いかなければ・・・と思います。 木谷

posted by 管理人 at 05:06| Comment(0) | 木谷

2017年09月17日

秋に鳴く虫代表・カンタン

北海道では朝晩冷え込むことが多くなり、秋本番を迎えています。ススキの穂も秋を象徴しています。

01ススキと有珠山(関内)0915_1

草むらでは秋の虫たちが盛んに鳴き声を競っています。エンマコオロギとカンタンの声が特にたくさん聞こえてきます。なかなか姿を見ることがないカンタンを見たいと思いました。クズの葉が茂っている場所で多くの鳴き声が聞こえたので探すとすぐに見つかりました。まずはオスとメスが一緒にいるところ。触角が凄く長いです。

02カンタン雄と雌(関内)0916_1

オスだけの写真(羽が白っぽい)

03カンタン♂(関内)0916_2

メスの写真(色が濃く、産卵管があり、腹が膨らんでいる?)

04カンタン♀(関内)0916_7

ここ数年、姿を見る機会が減ってしまったヒョウモンチョウの仲間を写真に収めることが出来ました。(花はオオハンゴンソウ)

05ヒョウモンチョウとオオハンゴンソウ(関内)0916_3

今、クジャクチョウがたくさん見られますが、綺麗なシータテハの写真を撮ることが出来たので、こちらを載せます。(花はエゾノコンギク)

06シータテハ(関内)0916_3

9月16日撮影(太箸)

posted by 管理人 at 09:12| Comment(0) | 太箸
ホームページにもどる.JPG